粉ミルク 作り置き

粉ミルクを作り置きすることのメリットとデメリット

 

粉ミルクを作り置きできたらどんなに楽になることか、

 

ってすごく思いますよね。

 

 

仕事から帰ってきた後でもすぐに飲ませることができるし、

 

あなたが家にいないときに、

 

赤ちゃんに飲ませるミルクを

 

家族に頼むこともできます。

 

 

 

楽をすることは悪いことではありません。

 

 

時間短縮できることはしたほうがいいし、

 

浮いた時間でもっとたくさん赤ちゃんと

 

コミュニケーションを取ってあげればいいんですから。

 

 

ただ、

 

 

赤ちゃんに飲ませるミルクは

 

 

やっぱり体に入れるものですし、

 

 

これからの成長に関わる大切なことですから、

 

 

粉ミルクを作り置きして飲ませることに関しては

 

 

慎重に考えていく必要があります。

 

 

 

そこで、

 

 

粉ミルクを作り置きすることの

 

 

メリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

 

 

粉ミルクを作り置きするメリット

 

粉ミルクを作り置きすることのメリットっていったら

 

 

【ミルクを飲ませるまでの時間を短縮できる】

 

 

やっぱりこれですよね。

 

 

 

あらかじめ粉ミルクを作り置きしておけば、

 

仕事から帰ってきてからすぐにでも

 

赤ちゃんにミルクを飲ませられるし、

 

赤ちゃんのお腹が減ってからでも

 

すぐ与えることができます。

 

 

夜中に何度も起きだしてミルクを飲みたくなる赤ちゃんでも

 

粉ミルクを作り置きできたら、

 

赤ちゃんもあなたも睡眠不足に悩まされることも無くなります。

 

 

こんなに楽なことは無いですよね。

 

 

 

粉ミルクを作り置きする2つのデメリット

 

すぐに雑菌が繁殖する

 

実は、粉ミルクというのは

 

 

非常に雑菌が繁殖しやすい

 

 

ようになっています。

 

 

 

雑菌まみれのミルクは危険なため、

 

 

「室温なら2時間」

 

 

「冷蔵(5℃以下)なら24時間」

 

 

以内の時間までに飲ませ、

 

 

その時間を過ぎたら廃棄しなければならないように

 

 

WHO(世界保健機関)から勧告されているんです。

 

 

 

つまり、

 

 

一応粉ミルクを作り置きしておくことはできます。

 

 

でも、全然長持ちしないんです。

 

 

粉ミルクは

 

 

【作ってからできるだけ早く】

 

 

飲ませることが安全なんですね。

 

 

なので、

 

粉ミルクを作り置きしておくことは

 

あまりおすすめできないんです。

 

 

温め直すのに時間がかかる

 

粉ミルクを作り置きするのであれば、

 

常温では2時間しかもたないため、

 

冷蔵保存が基本になってきます。

 

 

冷蔵保存・・・

 

 

 

つまり、

 

 

赤ちゃんに飲ませるために粉ミルクを作り置きしても

 

 

再度40℃まで温めなおさないといけません。

 

 

 

赤ちゃんに冷たいミルクを飲ませるわけにも

 

いきませんからね。

 

 

 

そして、

 

その温め方も注意が必要です。

 

 

 

例えば、

 

電子レンジや鍋などで直接火にかける方法は、

 

 

確かに一気に粉ミルクを温めることが出来ます。

 

 

でもその反面、

 

急激に温めることになってしまい、

 

粉ミルクの栄養素が壊れてしまうので

 

厳禁なんですよね。

 

 

 

そのため、湯煎ならば

 

粉ミルクを作り置きしたものでも温めることができますが、

 

これが意外と時間がかかる・・・

 

 

時間を短縮するために

 

 

粉ミルクを作り置きしていたのに、

 

 

与えるまでに結局時間がかかってしまうわけです。

 

 

 

粉ミルクを調乳するときにお湯を沸かし、

 

再度温めるときにもお湯を沸かして。。。

 

 

 

実は粉ミルクを作り置きしておいても、

 

 

普通に粉ミルクを作るより時間がかかっちゃうんです。

 

粉ミルクを作り置きするよりも楽に作れる方法がある

このように、

 

粉ミルクを作り置きすることはできるけれども、

 

あまりメリットが無いんですよね。

 

 

粉ミルクを早く飲ませたい時に

 

すぐ与えることができないし、

 

長持ちしないからどんどん粉ミルクの廃棄量が増えるし。

 

 

 

でも、

 

粉ミルクを作り置きしなくても、

 

あっという間に粉ミルクを

 

調乳できちゃう方法があるんです。

 

 

 

それはクールクーというウォーターサーバーを使うことです。

 

 

粉ミルク作りに最適なクールクーの特徴

 

すぐできる

 

クールクーを使うと、

 

本当にあっという間に

 

粉ミルクを調乳できちゃいます。

 

 

クールクーには冷水とお湯の

 

両方を出す機能があって、

 

その温度は4度と85度です。

 

 

この両方を同量で混ぜあわせると

 

約45度の水ができますよね?

 

 

赤ちゃんに飲ませたい粉ミルクの温度は

 

40℃前後とされていますから、

 

 

お湯で粉ミルクを溶かし、

 

冷水を湯冷ましとして割れば

 

作っている過程で自然に

 

適温の粉ミルクができちゃうんです。

 

 

 

RO水で雑菌も心配無し

 

「ウォーターサーバーの水って赤ちゃんにも飲ませてだいじょうぶ?」

 

という安全面の心配もあると思いますが、

 

大丈夫です。

 

 

なぜかというと、

 

クールクーにはRO濾過システムが内蔵されていて、

 

飲む前に綺麗に濾過した水を出してくれるんです。

 

 

他の水と比較してもその綺麗さが分かります。

 

 

 

この水の綺麗さは

 

赤ちゃんの粉ミルクづくりにも安心して使えますよ。

 

 

料金が安い

 

クールクーは毎月の料金が安いことも

 

良いところの1つです。

 

 

大体のウォーターサーバーは

 

ボトルを定期的に運んでくるタイプが多く、

 

そのボトルの本数によって値段が変わってきます。

 

毎回受け取る手間もちょっとめんどくさかったり・・・

 

 

クールクーの場合は水道管と直結して、

 

 

水道水を直接濾過して水を出すタイプなので、

 

 

費用が毎月のサーバー代だけで非常に安いんです。

 

 

家計簿の計算もしやすいですしね。

 

 

 

 

このように、

 

クールクーなら

 

粉ミルクの作り置きで起こるデメリットも全く無いし、

 

赤ちゃんがミルクを飲みたくなったら

 

一瞬で作って飲ませることができますよ。