粉ミルク 温度

粉ミルクを溶かすお湯の温度は2つのポイントを抑える

 

「粉ミルクを溶かすお湯の温度って何℃が正しいんだろう?

 

常温じゃ溶けにくいし、温度は高めにしたほうが良いんだろうけど、

 

沸騰したお湯をそのまま使えばいいのかな・・・?」

 

 

 

 

粉ミルクを溶かす温度って

 

何℃にしたら良いのかって気になりますよね。

 

そもそも常温を超えるとお湯の温度ってわかりにくいですし。

 

 

大切な赤ちゃんのためですから、

 

 

1番良い状態で

 

 

粉ミルクを飲ませてあげたい

 

 

ですよね。

 

 

 

そこで、

 

粉ミルクを溶かすのに適切な温度を解説したいと思います。

 

 

 

まず、粉ミルクを溶かす前に、

 

絶対に外せないポイントが2つあります。

 

 

 

80℃以上の温度のお湯で溶かすこと

 

1つ目は

 

【粉ミルクは80℃以上の温度のお湯で溶かすこと】

 

これが最低条件です。

 

 

 

なぜかというと、粉ミルクには製造過程で

 

サカザキ菌という細菌がどうしても入ってしまうことがあるため、

 

その菌を死滅させるために80℃以上のお湯が必要になるからです。

 

 

 

サカザキ菌は、成人であれば強い症状は出ないんですが、

 

1歳未満の乳児だと敗血症や壊死性腸炎、髄膜炎などを

 

引き起こす恐れがある危険な細菌です。

 

 

 

お湯の温度は70℃でも良い、という意見もありますが、

 

その情報はちょっと古いです。

 

 

 

サカザキ菌をきちんと死滅させるためにも、

 

 

今は粉ミルクは80℃以上の温度のお湯で調乳することが推奨されています。

 

 

100℃の温度のお湯は使わない

 

そしてもう1つは、

 

【粉ミルクには100℃の温度のお湯は使わない】

 

ということです。

 

 

 

沸騰したお湯で粉ミルクを溶かすと

 

粉ミルクに含まれている栄養、

 

特にビタミン類が破壊されてしまうからです。

 

 

 

なので、沸騰したお湯よりも

 

少し冷ましたお湯を使う必要があります。

 

 

つまり、

 

【80℃〜90℃のお湯】

 

が粉ミルクを溶かす最適な温度になります。

 

 

 

ミルクを調乳する際は、

 

 

この温度のお湯を用意しましょう。

 

 

粉ミルクの最適な温度に合わせた調乳の仕方

 

このように、粉ミルクを作るときの最適な温度の理由がわかったと思います。

 

 

そこで、

 

 

粉ミルクの最適な温度に合わせた調乳の仕方も

 

 

解説したいと思います。

 

 

 

まずはじめに、

 

必ず手を石鹸と水で洗ってくださいね。

 

 

人間の手は雑菌だらけですから、

 

先に手を綺麗にしておきましょう。

 

 

 

 

そして鍋に水を入れて火にかけ、

 

温度計を見ながら80℃〜90℃まで温度を上げたお湯を作ります。

 

その間、あらかじめ哺乳瓶に粉ミルクを入れておきましょう。

 

 

 

 

 

80℃〜90℃のお湯が出来たら哺乳瓶に注ぎ、

 

粉ミルクをしっかりと溶かします。

 

 

 

 

 

粉ミルクが溶けたのを確認したら、

 

哺乳瓶に流水を当てて、

 

粉ミルクの温度を下げていきます。

 

 

 

 

 

ある程度粉ミルクの温度が下がってきたら腕に1,2滴垂らして

 

熱く無く、生暖かさを感じる程度の温度であることを確認します。
(40℃前後の温度が目安)

 

 

 

 

赤ちゃんが飲みやすい粉ミルクの温度に調節したら、

 

できあがった粉ミルクを赤ちゃんに飲ませましょう。

 

 

哺乳瓶の乳首内にミルクを満たしてから口に含ませると、

 

空気を飲み込まなくなります。

 

飲み終わったらきちんとゲップさせることも忘れずに。

 

 

 

 

 

そして最後に、

 

使用後の哺乳瓶にも雑菌が発生しやすいため、

 

きちんと洗ってお湯を沸かし、

 

5分程度煮沸消毒をしましょう。

 

 

 

 

煮沸消毒が終わったら水滴を拭き取り、

 

しっかりと乾燥させて保管しておきましょう。

 

 

粉ミルクの温度がもっと早く調節できたらすぐ赤ちゃんに飲ませられるのに・・・

粉ミルクを作り、赤ちゃんに飲ませる過程はこのようになります。

 

 

 

ただ、やっぱり準備と手間に

 

 

すごく時間がかかっちゃうんですよね。

 

 

 

粉ミルクを買ってくるのはともかく、

 

温度を測りながら80℃〜90℃に調節したり、

 

粉ミルクが溶けた後に流水で温度を下げる手間が

 

 

すごくめんどくさい・・・

 

 

 

私も子供を産んですぐの頃は家計のために共働きだったので、

 

「もっと早く粉ミルクを作れたらなあ・・・」

 

という不満が強かったんですよね。

 

 

 

かといって、

 

粉ミルクって作り置きできないんですよ。

 

雑菌が大繁殖ちゃうので。

 

 

 

世界保健機関のWHOでも、

 

「調乳後のミルクは2時間以内に与えましょう」と、

 

粉ミルクの作り置きをしないようにと勧告しています。

 

 

 

 

めんどくさいだけならまだ良いんです。

 

 

例えば、赤ちゃんが「お腹が減った」というサインを出すために

 

夜起きだして夜泣きすることってありますよね。

 

 

 

赤ちゃんはお腹が空いていると

 

粉ミルクを作っている最中も泣き続けますから

 

粉ミルク作りに時間をかけすぎると赤ちゃんの目が覚めちゃって、

 

粉ミルクを飲ませた後に眠ってくれないこともあるんです。

 

 

 

だからあまり時間をかけずにミルクを与えて、

 

発育のためにたくさん眠らせてあげたいんですよ。

 

 

 

粉ミルクをできるだけ早く作ることができるかどうかは、

 

赤ちゃんにとっても親にとってもストレスを軽減できるので、

 

赤ちゃんの健全な発育に関わってきます。

 

 

 

そこで、

 

「できるだけ早く粉ミルクを作りたいけど、

 

じゃあ、どうやったら早く粉ミルクを作れるんだろう?」

 

 

と考えてみたら、

 

 

粉ミルクを作るときに1番時間がかかっていることは

 

 

【粉ミルクの温度を調節する過程】なんですよね。

 

 

 

お湯を沸かすのに時間がかかる・・・

 

80℃〜90℃に調節するのに時間がかかる・・・

 

粉ミルクの温度を下げるのに時間がかかる・・・

 

 

 

でも、

 

もし冷水とお湯をいちいち用意しなくてもその場にあれば、

 

温度を調節する過程を全てすっとばせるので

 

粉ミルクなんて一瞬で作れちゃいます。

 

 

 

「そんな都合の良いものなんてあるの・・・?」

 

 

 

実はあるんです。

 

 

 

家庭でも冷水とお湯を一瞬で用意できるもの、

 

それはウォーターサーバーです。

 

 

 

ウォーターサーバーであれば、

 

ウォーターサーバーのタンク内に、

 

冷水とお湯が常時保存してありますから、

 

粉ミルクの温度を調節する手間を無くすことができます。

 

 

 

ただ、一口にウォーターサーバーといっても

 

意外と雑菌が多かったり、

 

まだ腎臓が弱い赤ちゃんにとっては危険なミネラルが含まれていたりと、

 

粉ミルクづくりに適さないウォーターサーバーもあるんですよね。

 

 

 

色々種類があるウォーターサーバーの中でも

 

 

特に、赤ちゃんの粉ミルク用に最適なウォーターサーバーは

 

 

クールクーというウォーターサーバーが1番です。

 

 

 

 

 

粉ミルクの温度調節がラクチンで調乳に最適なクールクーにある4つの理由とは

 

赤ちゃんの粉ミルク作りにはクールクーが1番!

 

 

と言える理由は4つあります。

 

 

 

水が綺麗

 

クールクーではウォーターサーバー内に

 

ROろ過システムが入っているので

 

その場で濾過した水を出してくれるんです。

 

 

 

クールクーから出てくる水はRO水といって、

 

ミネラルも含まれておらず、

 

 

ほぼ無菌状態のピュアウォーター

 

 

なので非常に綺麗です。

 

 

 

 

 

他のウォーターサーバーの水と比較してみると

 

RO水の綺麗さがよくわかります。

 

 

 

天然水は良さそう、というイメージがありますが、

 

意外と雑菌が多いんですよね。

 

 

赤ちゃんにはできるだけ綺麗な水を飲ませてあげたいです。

 

 

 

 

お湯と冷水が粉ミルク作りの温度にとって最適

 

クールクーでは、

 

冷水が約4℃、お湯が約85℃の温度で出てきます。

 

 

 

赤ちゃんに与えたい粉ミルクの温度は約40℃です。

 

 

 

つまり、

 

冷水とお湯を半分ずつにして割るだけで

 

粉ミルクの温度を一気に45℃まで冷やせます。

 

 

 

実際にやってみると、

 

粉ミルクをお湯で溶かしきるまでにちょっと温度が下がりますから、

 

冷水で割った時には、さらに40℃に近い温度になっています。

 

完成した粉ミルクの温度確認は必ずしてくださいね。

 

 

 

もちろん1で説明した通り、

 

クールクーのRO水は非常に綺麗ですから、

 

冷水のほうも湯冷まし用の水として安全に使えますよ。

 

 

 

あなたがやることは、

 

 

哺乳瓶にお湯を注いで粉ミルクを溶かしきり、

 

冷水を注いで粉ミルクの温度を冷まして

 

粉ミルクの温度を確認して、

 

最後に哺乳瓶を煮沸消毒するだけです
(これもウォーターサーバーのお湯を使えばすぐ用意できますね)

 

 

 

これなら2,3分で赤ちゃんに粉ミルクを飲ませられますね。

 

 

 

水道管直結タイプ

 

クールクーは、ウォーターサーバーと水道管を結んで、

 

水道水を好きなときにRO水に濾過して飲むタイプになっています。

 

 

 

 

ウォーターサーバーといえば、水が大量に詰まったボトルが

 

上から刺さっているイメージがあると思いますが、

 

私も初めてウォーターサーバーを使おうと考えた時、

 

意外と面倒だな、って思ったことが

 

宅配ボトルの受け取りの手間でした。

 

 

 

わざわざ家にいる時間を作らないと水を受け取れないため、

 

共働きとしては致命的なんですよね。。。

 

 

 

でもクールクーのことを知ったとき、

 

「ボトルなんて必要ないんだな」

 

ってことにハッと気づきました。

 

 

 

クールクーなら好きなときに好きなだけ水を用意できるから

 

毎回わざわざ家でボトルを受け取る手間がないし、

 

仕事で帰ってきてから育児もある中、

 

疲れた体であの10リットル近くあるボトルを

 

上に持ち上げて設置する、なんて重労働もありません。

 

 

 

また、急に設置していたボトル内の水が切れて

 

お湯が用意できなくなる、なんてこともありません。

 

 

 

あと、ボトルって常温保存しておくことになるので

 

雑菌がさらに繁殖しちゃってちょっと危険なんですよね。

 

やっぱり赤ちゃんの粉ミルク作りに使うのは躊躇しちゃいます・・・

 

 

 

クールクーにはこういったボトル型にありがちな悩みが全く無いんです。

 

 

 

安い

 

クールクーは毎月の維持費が安いため、

 

非常に家計に優しいんです。

 

 

他のウォーターサーバーとの価格を比較してみると、

 

クールクーが1番安く使えるということがわかります。

 

 

 

 

 

 

このように、粉ミルクを

 

 

【安く】【手間なく】【安全に】

 

 

作るにはクールクーが1番です。

 

 

 

 

クールクーを詳しく解説したサイトがありますので、みてみてください

 

コチラ

 

↓↓↓

 

 

 

ウォーターサーバーに水道水をろ過して入れる!?最新式のウォーターサーバークールクーの詳細はコチラ⇒